くろムルのお気楽三昧っ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天守閣

<<   作成日時 : 2006/02/08 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
最近偶然にお城探訪が続いてました。松江城、玉藻城(高松城跡)、熊本城、丸亀城。。
玉藻城には徳島城のように天守閣は現存しません。熊本城は一見立派な天守閣があるように見えますが、中は大阪城のごとく、鉄筋コンクリートの博物館。取って付けたように見える丸亀城の天守閣は本物だったんですね。松江城は当時の豪壮を世に伝えています。
そういうこともあって天守閣に興味を持っていたら、歯医者の待合室で「男の隠れ家」という雑誌に天守閣の特集がありました。

それによると100を越えた天守閣で現存するのは、ほんのわずか(この雑誌では9城となってましたが、あるサイトでは12城)ということ。その多くは明治時代に行われた取り壊しによるもの。第二次世界大戦による焼失はそう多くはないんだそう。自らの手で貴重な文化財を壊してしまうとは、もったいないことをしたものです。
熊本城も、南国戦争という国家クーデター事件の巻き添えで焼失してしまったそうです。
天守閣の印象は「カッコイイ!」
見るからに國の威信の象徴の様に見えます。しかし中に入ってみると、暗いし階段の斜度はきついし、住み心地は良さそうにありません。威信を保つのは大変なんだなぁ、と思ってたのですが、雑誌の記事では、この天守閣に居住したのは織田信長ただひとりと書いてあります。秀吉はこの住みにくい天守閣には住まず、住居を別に場内に設けていたそうです。
そのあとの江戸時代に至っては、完全に象徴的存在で、領主でさえ年1度程度しか入れなかったと記されています。
やっぱりそうだったんですねぇ。

ところで、江戸城を再建しようというプランがあるそうです。過去で一番大きかったのは徳川家による江戸城。再建には巨費の捻出や法律の遵守があるためそうそう実行されないのでしょうが、外国人が東京に来て「お城」が無いのにはがっかりするそうです。やはりハリボテでも良いからお城を造ってみるのも良いかもしれません。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天守閣 くろムルのお気楽三昧っ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる